2019年6月10日月曜日

ドーパミン系と大脳基底核

私たちの振る舞いが自然なのは、その時その場で状況にそくした最適な行動が選び出されているからですが、これがどんなにすごいことなのかと・・・

手がふるえたりすると自然な動きの妨げになります。こうした不随意的な動きと呼ばれるものから、
まったく無意味と言ってもいいような行為や、強迫観念という意に反して湧き上がる考えは、通常シャットダウンされるべきものなのですが、なにか神経システムに不調があると大なり小なり症状が出てきます。

私たちは長い年月をかけて自然な身体の動かし方を学習し、状況に応じた最適な身体の使い方を身につけてきました。小さいときから社会的に正しい振る舞ができるようにと躾けられ、家庭や、学校や、各コミュニティのなかで、人から褒められたり叱られたりしながら成長してきます。

こうした自然な振る舞いについて機能神経学にみますと、神経ネットワークの活動パターンとしてみることができます。膨大な数の神経細胞が互いに可塑的に結びつき神経ネットワークを構成し、数多くの運動パターンとして組み立てられているものと想像できます。

このような神経ネットワークがつくられ、状況に即して最も最適な振る舞いがなされるために、大脳基底核でのドーパミン系の役割が明らかになってきています。

大脳基底核は大脳の中心部にあって、線条体(尾状核と被殻)・淡蒼球(外節と内節の層構造)、それに視床下核などからなる複合構造体ですが、視床の活動を調整しながら大脳皮質(運動野)からの出力を制御する仕組みとなっています。状況にそくした運動が制御される機構になっています。

中脳の黒質(緻密部)から投射されるドーパミン系は線条体を介して、大脳基底核のさまざまな部位(核)の活動を調整します。(比喩的になりますが)それぞれの核の活動を、複数のダイヤルを回してチューニングするように調整し、視床の活動をコントロールするのです。

ドーパミンの投射と線条体の活動しだいで、無数の活動様式のなかから出力されるべき最適なパターンが選び出され、同時にそのほかのいっさいの活動はシャットダウンされるのです。運動を促進する経路と、抑制する経路が同時に視床の出力を調整します。

大脳基底核の階層的な複合構造体には、まさにスーパーコンピュータの階層的・分散的・並列的ネットワークと類似したシステムの機構が考えられているようです。

さまざまな状況で、自然な動きや行動として表れると同時に、こうしようという意思が浮かんでいますが、その背景にはドーパミン系の投射があります。

ドーパミンの分泌は、いかに褒められたか叱られたかという愛情の深さに育まれてきた過去の記憶との深い結びつきもあることがわかるのです。大脳基底核のほかに、ドーパミン系は前頭葉や大脳辺縁系にも投射されていますので、心と身体の結びつきはとても深遠なシステムであることが考えさせられます。

機能神経学を施術に活用してゆくために、根本的なところから理解することが大事なんだろうと。

2018年10月15日月曜日

機能性医学エッセンス セミナー

機能性医学エッセンス 3日間セミナー案内


開催日 2019年 7月13日から15日
タイムスケジュール:13 日13:00~18:30、14 日9:30~18:30、15 日9:30~15:30

会場 日本リハビリテーション専門学校 高田馬場 イセビル 校舎
東京都豊島区高田3丁目18(本校舎とは別の建物です。学校のHPでご確認ください。)

講師 安藤晴一郞DC, DACNB(現在、ニュージャージー州にて活躍)

講義内容:機能性医学のエッセンス
 機能性医学入門  血液・生化学検査貧  血糖代謝異常  炎症  甲状腺機能
 マイクロバイオーム  リーキーガット  

『19世紀にはじまるコッホ、パスツールによる細菌学や、それに続くフレミングなどによる抗生物質の発見から今日にいたるまで、医療は「症状と病気の診断名に対する治療」が主流です。しかし、対処療法に限界が訪れていることは、医療従事者である我々だけでなく、苦しんでいる患者自身も強く感じています。根本的な治療を目指している、いわゆる代替医療と呼ばれる徒手療法家でさえ、患者の症状に固執している場合が少なくありません。患者自身も、苦しんでいる原因不明の症状に診断名がつくことにより、精神的な安心感を覚えてしまう始末です。「葉が枯れていたらまずは根っこを調べなさい」と言われるように、診断名を治療するのではなく、その病気が起きている原因・メカニズムを理解し、治療する必要があります。しかし、そのプロセスは非常に複雑で、一つの原因が10
の病気を引き起こしたり、一つの病気が10の原因からなることもあります。同じ病気でも原因は十人十色で、一つの病気に対する治療のプロトコールは存在しません。残念なことに、私たち治療家が日々行っている治療(医学的介入)は、患者の健康の10%しか貢献していません。残りの90%は、患者自身の社会的、行動的、環境的要因で決まります。機能性医学は、その90%に焦点を置き、病気の原因とそのメカニズムへの到達をナビゲートするGPS のようなものです。そのためには、生理学と生化学の基礎を学ぶ必要があります。今回のセミナーでは、最新のリサーチを交えながら、目まぐるしく進歩している機能性医学のエッセンスを学びたいと思います。』

セミナー主催者
マニュアルメディスン研究会 代表 大場 弘.
千代田区鍛冶町2-2-8 タカシマビル9階 大場徒手医学研究所
03 3254 0097

募集定員 30名 参加費35,000円 非会員45,000円
MM会員と前回の出席者を優先いたしますので、予定が立てられましたらすぐにメールにて参加申し込みをお願いいたします。後日、振り込み用紙を送付いたします。

お問い合わせのE mail:
mms-oba@mbc.ocn.ne.jp

2018年7月6日金曜日

ドーパミン系は心と脳の架け橋か?

ノーマン・ドイジ著「脳はいかに治癒をもたらすか」は、機能神経学の臨床を考えるにあたってたいへん有益な示唆を含んでいて、また読み返しました。このなかでパーキンソン病の症状を歩行によって克服した事例があります。そこで考えさせられたのはドーパミン系の生物学的な意味です。
ドーパミン系というと「報酬系」、「動機づけ」、「やる気ホルモン」といったキーワードが連想されます。
ドーパミン系は中脳の黒質から、前頭葉、大脳辺縁系、大脳基底核線条体へとひろく脳に投射しているシステムであり、その影響は広範囲に及び、実にさまざまな臨床症状の因になっています。たとえば、パーキンソン病は身体的な運動障害をいう症状があらわれる代表的な疾患ですが、そのうちには「認知的」あるいは「心的」な基盤があり、身体的であるとともに心的な障害であるとあります。これは、著名な脳神経科学者達の証言をもとにした記載です(150p)。
なにごとも、動作を起こそうとする心のなかの動機があってのことですが、なにげない習慣的な行動にでさえ、それに必要なエネルギーの割り当てがなされ、それに見合った価値をドーパミンという貨幣で付与されていると理解しました。心のやる気がドーパミンという報酬で行動を引き起こしていると考えても不思議ではないのです。
それでは、やる気を起こす心のはたらきはどこから湧いてくるのかと考えてみますと、その人のうちにあるだけでなく、周囲の人と環境とによって引き起こされていることがわかります。脳の中で生じる一つに統合されたはたらきを心と考えてみますと、ドーパミンを放出する中脳レベルにも作用する基盤となっていることがわかります。このように考えてみると、ドーパミン系は心と脳の架け橋のようなもの、そんな印象がわいてくるのです。
心的努力による歩行からパーキンソン病という身体の障害を克服できたという事例が語っていることは、心のはたらきが脳の神経組織を変えることができるという神経可塑的な可能性の一例でした。

2018年6月13日水曜日

不定愁訴と気圧の変化

からだがだるい、めまいするような・・、おなかのぐあいが・・、ボーッとするような・・、自分がはっきりしない、不安感がわいてくる・・、等々、さまざまな不定愁訴を訴えられる方が続きます。

このところの天候が影響していることが明らかです。
なぜ、天候がそうした症状を引き起こしているのでしょうか。

触れてみてわかる身体のどんよりとした感覚、抹消の循環機能に影響しているように思われます。実は、身体のバランス維持にかかわる前庭系と小脳が体位変換時の血圧調整に関わっていることがわかっていたのですが、それが実際に機能神経学的にどのような状況なのか、脳の正中線領域についての最近の研究に接して、納得のゆく推論を得ることができました。

いわば身体は自然に属しているわけで、環境の変化が身体にあらわれるのは当然と言えば当然なのですが。自分の心と身体を自覚できる意識のありよう、脳のはたらきがわかってきたことにも驚嘆させられます。
思えば、若かりし頃、意識ってなんだろうと不思議に思っていたことが、今ようやく理解できてきたような気がします。

実際に得られた推論をもとに施術を試みますと、とてもすっきりします。
長年、積み上げてきた知識や触診の技が統合されてきたような実感がわいてきます。






2018年5月22日火曜日

7月15-16日 機能神経学セミナーのご案内

機能神経学テキスト勉強会

2018年 7月15日(日) 13:30∼21:00
2018年 7月16日(祝月)9:30∼15:00

JR大井町駅前 「きゅりあん」(品川区立総合区民会館) 第3講習室

大場 弘.
講義内容
 前庭-小脳システムに関連した臨床
 大脳辺縁系と中脳に関連した臨床
   橋延髄網様体に関連して
実技研修
 グループに分けて先回の実技内容を復習
 実際のケースにおける機能神経学の戦略
 実技内容(復習を含む)
 吸気誘発肋骨アジャスト
 臨床のためのABC:外眼筋と眼球運動
 機能神経学からみた歩行と姿勢
 基本的な神経検査手順
 OPKとその臨床応用

お問い合わせとお申し込みは
hotline@manual-medicine-jp.org

2018年4月19日木曜日

鼻の通り具合が左右で周期的に変わるサイクルがあり、それが対側大脳半球の活動と関連しているらしい

前に古いブログで書いたことがあるのですが、『鼻の通り具合が左右で周期的に変わるサイクルがあり、それが対側大脳半球の活動と関連しているらしい』ことを思い出しました。その内容をレヴューしてみました。



左脳と右脳の活動が周期的に交代している



Int J Neurosci. 1993 Jun;70(3-4):285-98.

The ultradian rhythm of alternating cerebral hemispheric activity.

Shannahoff-Khalsa D.

Khalsa Foundation for Medical Science, Del Mar, California 92014-5708.

「大脳半球活動がultradian rhythm(生体リズムの周期が24時間未満)で交代している」という1993年の論文

大脳半球の活動リズムが、左脳と右脳の優位性が覚醒時に100分をピークに、90分から200分の範囲に集中して交替している。しかも驚くことに、その周期リズムは、鼻のサイクルと関係しているらしい。また、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが大脳の側性と同期しているとも述べている。



Nasal Cycle?

鼻孔が左右交互により大きく開きぐあいが変わるサイクルがあるということです。鼻孔の開きぐあいよりも空気の流入出の測定でみると、左利きの人はより強く左の鼻の呼吸に偏り、右利きの人は右の鼻に呼吸が偏る傾向がみられるとあります。(Nostril dominance: differences in nasal airflow and preferred handedness, Laterality. 2005 )



目が醒めている状態で、鼻のサイクルと同期して大脳半球の活動リズムが1.5~3時間周期で交替している。そうした自然のリズムにおいてそれぞれの大脳半球のはたらきが、言語的な空間的な能率にとてもよく関連している。片側の鼻孔をおさえて他方の鼻孔だけで呼吸を強いると、反対側の大脳半球の認知的な覚醒が高まるという。(The effects of unilateral forced nostril breathing on cognition, Int J Neurosci. 1991)。



自閉症のこどもたちでは、まさに大脳半球の顕著な側性が認められているということです。利き手、利き目が左側で、鼻のサイクルもまた左が優位であるとする報告があります(Handedness, eyedness and nasal cycle in children with autism., Int J Dev Neurosci. 2007)。自閉症のこどもたちは、右脳に偏ったはたらきがあるということになるのでしょうか。ただ、サンプル数も37例とそんなに多くはありません。それに、偏った脳の側性によって自閉症が起きていると言っているわけではありません。自閉症には、人との交流と関係を築いていく能力に遅れがあるために、こうして右脳に偏った働き方となるのでしょう。



私の患者さんのエピソードから

女性でありながら、大学で政治を教えている方ですが、頸椎症と肩・背部に放散する痛みを訴えています。お腹の呼吸が硬くなっているために、身体内部の圧力が萎んだようになって、頸胸部が縮んでいるからですと話しましたら、どうしてお腹の呼吸ができないのでしょうと訊ねてきました。“どうしても固定した対象に集中してしまうところがあるからでしょう。左脳に偏る傾向が強いからです。一つの対象に集中するのではなく、もっと空間全体に注意がおよぶような感覚がだいじです。料理や生け花のような趣味を習慣的にしたり、自然の中で川の水の音とか、小鳥の声とかに耳を傾けるように、自然の中で瞑想することもいいのでは”とアドバイスをしたのです。
そうしましたら、若年性痴呆症で有名な築山先生に診察を受けたときにも同じようなことを言われたというのです。左右の脳組織の線維が段違いに左脳で発達しているMRI画像を見せられて、“あなたは自分のことに集中しすぎるところがあります”と言われて、やはり私と同じアドバイスをしてくれたと話してくれたというのです。
身体の正中で、きちんとした呼吸の力動性が生じていないと、中から上下に背骨を伸ばしてくれる力動性がなくなるために、姿勢は崩れて老化がはやくなるのです。姿勢をきちんと保てることと、お腹の呼吸はきわめて大事ですよと念を押したのですが・・・

2018年3月6日火曜日

血液検査表は何を語る

33-4日、NJ州で開業されている安藤晴一郎先生をお招きし、血液検査の読み方について講習を受けることができました。
血液検査と言っても数値が高い/低いだけをみるのではなく、その意味を生理学的に考察し、底流にある全身的な問題を明らかにしようという機能性医学(ファンクショナル・メディスン)セミナーの一環です。

日本で日本語で学べるということは、たいへんありがたいことでした。

機能性医学(Functional Medicine)は、私が学んできた機能神経学(FN)の範囲をさらに内科的/生理学的にひろげたものです。原因の分からない不定愁訴を理解するうえでたいへん有益です。

もともと機能神経学(FN)では、脳が健全に機能するためには、酸素、栄養(グルコース)そして感覚・運動刺激が必要であると教えています。

生理学的には、酸素の取入れから始まり酸素を運ぶ赤血球の血流、それに糖代謝から免疫系と一連の流れを理解することは、予防医学としてもとても大事なことです。

細胞に酸素が十分に届けられないと、生体エネルギーの素であるATPが必要なだけつくられません。そうしますと、栄養をもとにした代謝過程がすみやかに進まなくなります。そうしますと、細胞にエネルギーも燃料も供給できないばかりでなく、不燃物などの蓄積が生じてきます。そうした不燃物や老廃物を燃やして、なくしていかなければなりませんので、炎症がいろいろなところで生じてきます。そうしたはたらきは免疫系の一連の出来事になってゆきます。

こうした底流にある一連の流れを理解することで、血液検査の数値にあらわれる各項目の関連性が浮き上がってくるのが認識できました。

最初にみなくてはならないのは、どんなかたちで貧血が起きているのかと言います。貧血は鉄不足だけとは限らないのです。鉄分の吸収、運送、貯蔵といったプロセスもありますが、ヘモグロビンや赤血球のできかたにも関わってくるのです。

造血には葉酸とかB12の関わり方も重要になってくるのです。DNA情報がmRNAに正しく転写されないと、造血に必要なたんぱく質が合成されない事情があるのです。

いろいろと難しいところがあるのですが、安藤先生は分かりやすく見事に描き切ってくれました。おかげさまで、患者さんの状態を理解する新しい手段を得ることができました。

安藤晴一郎先生に感謝です。

4月21/22日の機能神経学の勉強会でもこうした基礎となる流れを扱ってみたいと考えています。